社長メッセージ

ごあいさつ


弊社ホームページにお越しいただきありがとうございます。

日本システムデザインは2018年に創立20周年を迎えました。
我々はSE(システムエンジニア)を中心として、 様々な企業や官公庁のシステムを構築して参りました。

「SE」と聞いて、どのような仕事をイメージするでしょうか。
複雑なプログラミング作業を行なっていると、思われがちですが、 何よりも重要なのは人との「コミュニケーション」だと考えています。

相手が何を求めているのか、その想いをくみ取り、 システムという形に落とし込んでいくこと。 そのためには何よりも「伝える力」が必要とされます。

それは人と話すことだけではありません。
情報を受け取るために、誰にどんな質問をすればいいのか。
どこで情報を得られるのか、自分自身で考えて実践する必要があります。

人間らしく、自分の思いや考え方をきちんと伝えること。
それぞれの社員が伝える力を磨き、切磋琢磨しています。
そして活発な意見交換ができる風通しいの良い社風は、我々の誇りです。

そして経営陣だけでなく、全社員が共有すべき価値観として
「知恵と改善」と「人間性尊重」を掲げています。
「知恵と改善」はより高い付加価値を求めて知恵を絞り続けること。
そして「人間性尊重」は、社員の成長を会社の成果に結びつけること。

これからもお客様の想いを真摯に受け止め、 この先の20年に向けて、“挑戦”を続けていきたいと考えています。

まだ、NSDは発展途上の会社です。
引き続きご支援の程、よろしくお願いいたします。

 

日本システムデザイン
代表取締役
栗城 仁

20周年を迎えたNSD。次世代へのメッセージ

NSD代表 栗城仁が、創業20周年目を迎え、次の時代を作る世代へメッセージを送ります。

企業理念

 

NSD長年培ってきた、経験と知識を融合し、これからの情報社会に貢献する事を使命として、常に新しい技術の吸収を行いつつ社会に貢献します。

SE(システムエンジニア)集団である事の自覚を持ち、プロフェッショナル思考を重視し、常に顧客に信頼されるパートナーであり続けていきます。

社会は常に変化・発展していくものです。その過程での競争に勝つため、社員1人1人が技術者として、チャレンジャー精神に基づき、挑戦し続ける事により、企業としての価値観を変化させ、企業価値を高めることにより、顧客信頼を得ることにが未来に繋がると確信しています。

「価値観を変化させる」とは、社会環境の変化・人間性のあり方・市場の変化など、企業を取り巻く環境の変化に柔軟に対応することにより、新しい価値観を生み出しながら変化発展させて行くことになります。

NSDは技術を提供し、顧客ニーズを実現して行く企業であり、「技術=サービス=人材」です。人材を人財とするために、社会人としての常識を踏まえ技術者の育成(人財育成)を行っていきます。

経営方針

 

会社が目指す姿

  • 社会・お客様:お客様満足度100%を目指し、社会に貢献する事。
  • 利益と成長:社員及び株主に対し、常に利益を還元し、豊かな生活づくりに貢献する事。

大切にするもの

  • 社員:自主性を尊重し、社員の成長を支援する。
  • お客様:常に良き、パートナーであり続ける事。
  • お取引先:共存共栄であり続ける事。
  • 技術:常に、新たな技術を吸収し、技術力向上に努める。
  • 品質:常に、設計・開発などの作業品質の向上に努める。

 

企業は様々な環境で育ってきた人達が集まり、組織を作り、動かして結果を出すところです。つまり、価値観の共有が不可欠となります。
NSDが「どのような会社でありたいか」という企業理念を実践する上で、経営陣だけでなく、全社員が共有すべき価値観は「知恵と改善」と「人間性尊重」です。「知恵と改善」は常に現状に満足することなく、より高い付加価値を求めて知恵を絞り続けること。そして「人間性尊重」は、あらゆるステークホルダーを尊重し、社員の成長を会社の成果に結びつけることを目的しています。

「現場あっての会社」であり、「人あっての会社」です。